介護福祉士が知っておきたい口腔ケア

義歯

義歯は、歯を補うものであり、
失った機能を回復させる道具です。

 

歯は失ってしまうと、再び生えてくることはありません。

 

自然治癒ができないので、代わりの機能を
人工物で補うことが必要です。

 

ですが、歯の喪失に関しては、代償機能はほとんど期待できません。

 

「歯がなくても歯茎でかめる」と言う人もいますが、
これは、噛む事ができないものを避け、
かまなくても良い調理で適応死するということを意味します。

 

ですから、義歯は不要と言う人の意見を否定するものではありませんが、
歯がなくても歯茎でかめるというのは、
機能回復ということはできません。

補綴

歯の欠損を人工物で補うことを「補綴(ほてつ)」といいます。

 

補綴の方法には、欠損の状態や残った歯などの状態によって、
色々な選択肢があります。

 

・固定式補綴

 

固定式の補綴物は、残った歯に接着固定されるので、
異物感がありません。

 

一本から数本の欠損までが、固定式の補綴物適応の目安となります。

 

接着する歯への負担が大きくなるという問題もありますが、
機能的には回復効果が高い方法です。

 

補綴相良としては、金属を骨格部分に用い、
歯の色の再現には、樹脂やセラミックを使います。

 

・可撤式補綴

 

可撤式(かてつしき)の補綴物は、
患者さんが自分で出し入れをするという特徴があります。

 

一本の欠損から全部の欠損にまで応用することができます。

 

一本でも歯が残っている場合は、
「部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)」、
すべての歯を失っている場合は、
「総義歯(そうぎし)」、
もしくは「全部床義歯(ぜんぶしょうぎし)」になります。

 

入れ歯(可撤式義歯)

入れ歯と聞くと、ほとんどの人が老人を想像し、
あまり良いイメージを持ちません。

 

人によっては不潔なイメージもあります。

 

ですが、「可撤式義歯」が「入れ歯」の正式名称です。

 

可撤式義歯とは、自分で取り外しができる
人工的に作られた歯のことで、
決してマイナスのイメージを持つものではありません。

 

まして、不潔なわけでもありません。
むしろ、きれいに清掃することもできますから、
衛生面ではとても優れたものであるということができます。

 

ですから、義歯に関しては、
正しく理解し、正しい知識を持つことが大切です。

 

義歯は、「道具」ですから、「義足」や「義手」の仲間です。

 

そして、単なる道具というだけでなく
人工臓器として機能するもので、
健康の回復に必須な道具としての役割を果たします。

 

可撤式義歯(入れ歯)のメリットとデメリット

 

可撤式義歯の最も大きなメリットとしては、
「取り外すことができる」ということです。

 

取り外しをして、清掃することができますから、
衛生面でとても有利です。

 

残った歯の清掃と、補綴物の清掃を
分けて行うことができるのは、とても合理的な方法です。

 

また、はずすと口の中は元通りというメリットもあります。

 

接着固定する方法では、
補綴物を入れる歯を削ることが必要で、
接着してしまった後で、歯の形を修正するのは困難です。

 

しかし、可撤式の義歯は、
口の中をほとんど変えずに製作し、装着することができます。

 

調子が悪いときには、はずして粘膜を休ませたり、
調整することも可能ですから、
治療法としてはとても安全な方法であるといえます。

 

また、副作用も少ないです。

 

更に、生体の変化に対応するのも比較的容易で、
固定性のものよりも設計の自由度が高く、
同じ状態の口腔内にもさまざまな選択肢を用意することができます。

 

ただ、義歯は、道具ですから、
誰にでもどこにでも応用することができるというわけではありません。

 

設計が悪かったり、整備が不十分な状態だと、
残った歯に機能的な負担をかけてしまうこともあり、
粘膜を傷つけてしまうこともあります。

 

固定性の補綴物よりも異物感が大きく、
慣れるまでは発音の邪魔になることもあります。

 

また、取り外しと清掃の手間も増えます。

義歯の構成

義歯の主要な構成要素は、
失った歯の代わりをする「人工歯(じんこうし)」と、
歯と同時に失われた歯肉を補う
ピンク色の部分「義歯床(ぎししょう)」です。

 

このほか、部分床義歯には、連結装置と支台装置が組み込まれます。

 

人工歯はレジンと呼ばれる樹脂や、
セラミック(陶材)が用いられ、時には金属が用いられます。

 

義歯床はピンク色のレジンが多く用いられています。

 

強度が必要な場合や、薄くする場合には金属が用いられることもあります。

 

部分床義歯に使われる連結装置にも、レジンや金属が用いられ、
支台装置には、金属でクラスプという針金やレストという突起をつくり、
義歯に組み込まれています。

 

<義歯が機能する仕組み>

 

義歯は、失った歯と歯肉を形態的に回復させるものです。

 

そして、噛むという機能の回復を第一に考えて作られるものであり、
調整される道具です。

 

さて、「噛む」と機能は、どのようなものかと言うことですが、
それは「力(機能力)」です。

 

食べ物を保持し、切断し、粉砕するためには力が必要です。

 

ですから、義歯に、その機能力をどのように発揮させ、
その力をどのように受け止めるかということが
大きな問題になってきます。

 

専門的には、この義歯の機能を「支持機能」といいます。

 

私たちが食事をするときは、噛む力は、歯が受けていて、
正確には、歯を支える歯根膜が力を受けているという現象があります。

 

ですが、歯周炎で歯根膜が炎症してしまうと、
噛む力を受ける能力が低下し、噛む事ができなくなります。

 

さらに、歯を失ってしまうと、
同時に歯根膜も失うので、噛む力を受けることができなくなります。

 

歯を失った部分は治癒の過程で粘膜に変わり、
粘膜が義歯を介して機能力、
つまり、食べ物を保持し、切断し、粉砕する力を受ける役割を
しなければならなくなります。

 

義歯は、粘膜の上に適合し、人工歯が受けた器能力を粘膜に伝えます。

 

ですが、粘膜はもともと力を受ける構造なので、
義歯と骨に挟まれて痛みが出たり、
圧迫による褥瘡性の潰瘍ができてしまうなどします。

 

そこで、残っている歯にも力を分散し、
力を負担してもらうことによって、
負担能力の低い粘膜の部分はなるべく広く義歯床で覆い
力の分散を図って、バランスをとりながら機能します。

 

このバランスこそが、義歯の良否を決定する要因のひとつです。

義歯の持つ食のサポート機能

義歯には、「食のサポート」という大切な機能があります。

 

義歯が、「道具」として、どのように「食」を助けるのか、
介護食との関係はどのようになっているのかについてみています。

 

専門性を高める方法

 

義歯は、施設や病院で厄介者扱いされていることがあるようです。

 

特別養護老人ホームの介護職員たちに、
「口腔ケア」についてアンケートをとったところ、
義歯について困ったり悩んだりしているスタッフが
以外に多かったようです。

 

たとえば、以下のような回答が出ています。

 

・義歯無しで食事に不自由していない人に義歯は必要か。
・義歯は外して洗わなければならないのか。
・義歯の出し入れが難しくてできない。
・もっと汚れない材質で作ることはできないのか。

 

などです。

 

最近の高齢者施設では、
食事の時間帯に栄養士が積極的に介護に参加し、
食事の介助を行い、その後の口腔ケアまでも担当しているところが
増えているようです。

 

これは、とても大きな変化であり、
大切なことです。

 

自分が作った食事を、
高齢者にどのように食べてもらっているのか、
食後のケアはどうなっているのか、消化はどうか、
など、自分の専門分野の仕事を、
その前後を含めてみることはとても重要です。

 

一般的に、専門家は、専門性が高まってくるほど
他の領域に疎くなってしまいがちです。

 

ですが、さらに専門性を高めるためには、
関連領域にまで知識や技術を広げることが大切です。

 

専門家でありと願いつつ、
他の領域に強くなることが必要です。

 

介護食

 

介護食とは、ミキサー食やキザミ食といった食べ物です。

 

噛んだり飲み込むなど、
食べる機能が落ちている高齢者向けの食事のことで、
嚥下しやすいというのが特徴的です。

 

介護職員の中には、直接食事介助にあたっていたり、
介護食を作っている人もいると思います。

 

では、なぜ、どのようなために介護食を作っているのでしょうか。

 

義歯を「食のサポート」と考えたとき、
介護食のあり方を明確にすることはとても大切です。

 

歯の欠損を有する対象者が多く、
義歯を必要とする人が多い現状があります。

 

サポートの意味

 

歯を失ってしまうと、食事に不自由します。
なぜなら、噛む事ができないからです。

 

ですから、歯を失ったら、
義歯を作らなければ・・・ということになります。

 

しかし、義歯といっても万能な道具ではありませんから、
限界があります。

 

個々で、「サポート」という言葉の意味を明確にすることが必要です。

 

サポートとは、「手伝う」ということではなく、
「欠けた機能を、かけた部分だけ補う」と認識することが必要です。

 

加齢や病気によって、ヒトは、機能に欠ける部分ができてしまいます。

 

そのかけた部分の機能をどのように補うのかが問題です。

 

欠けた部分より、大きく補うのではなく、
欠けた部分だけを補いたいものです。

 

危ないから寝たきりにしておく、
危ないから固形物は食べさせないというのがサポートではありません。

 

「義歯の食のサポート」としての機能とは、
「食の機能の欠けた部分を補う理念と技術」ということができるのではないでしょうか。

 

義歯のもつサポートの機能

 

歯を失い、噛む事ができないという機能障害に関しては、
義歯という道具が必要です。

 

ですが、義歯によって補うことができる機能は、
摂食・嚥下機能からみるとごく一部だけで、
義歯さえきちんと入れることができれば食べることができるというわけではありません。

 

つまり、こういった意味で、義歯は限られた機能しか
サポートしていない道具であるといえます。

 

介護食との関係を見てみると、
介護食は義歯とは本質的に別アプローチによる食のサポートであるといえます。

 

歯がないから介護食という考え方では、
十分な「サポート」とはいえません。

 

ですが、食のサポートと言う意味で、
介護食と義歯の関係はまだ十分に連携の取れていない分野です。

 

入所者や患者さん、要介護者の食事風景や口の中、
食事内容をもっと総合的にみていくことが必要です。

 

急性期の患者さんの経口摂取リハビリテーション・プログラムにおいて、
医科医師の内科・外科的アプローチと看護師による看護アプローチ、
残存の歯の処置と義歯製作の歯科的アプローチ、介護食アプローチは、
十分に連携することによって、患者さんの回復への効果が高くなります。

 

リハビリテーション分野における義歯

 

歯科医師など義歯の専門家は、
「義歯」は「リハビリの道具」という考え方を持っています。

 

義歯という道具を作り使う過程において、
周囲の筋肉の動きも変化し、協調運動するようになります。