介護福祉士が知っておきたい口腔ケア

スポンジ・ブラシ

全介助の口腔ケアには、「スポンジ・ブラシ」が効果的です。

 

10センチ強の柄の先端にスポンジが付いている簡単な構造のブラシで、
近年は、国産の入手しやすいものが販売されています。

 

このスポンジ・ブラシは、口腔内にたまっている食物残渣を
絡めとる様にして使用します。

 

機能的にはブラシではなく、スポンジです。

 

ブラシには、刷掃機能がありますが、
スポンジは清拭に近いイメージのものです。

 

*スポンジブラシの使い方

 

スポンジブラシは、回転するようにして使います。

 

舌や粘膜のマッサージを行うときには、
アイスマッサージといって、冷水に浸しながら行うこともあります。

 

アイスマッサージを行うことによって、
スムーズに嚥下反射が起こるようになり、
食べ物の誤嚥を予防するための訓練をすることができます。

 

スポンジ・ブラシのメリットは、
通常のブラシよりも水をたくさん吸って蓄えることができるので、
口腔乾燥を伴う患者さんの場合、
乾燥して硬くなった残渣や剥離上皮をやわらかくして、
スポンジにからめとるようにして使うことができるという点があります。

 

ただし欠点もあります。

 

スポンジ・ブラシでは、歯と歯肉のプラーク除去には、
まったく効果が期待できません。

 

また、むせが強い患者さんには使いづらいです。

 

残存歯がある場合は、
フリーアングル・ブラシなどの介助用ブラシを併用して
口腔ケアをして行く必要がありますし、
禁水患者さんに対しては、給水・吸引ブラシが必要です。