介護福祉士が知っておきたい口腔ケア

高齢者にとって肺炎

肺炎は、死因別死亡率第4位(男性では第3位)を占める
とても怖い病気です。

 

年齢的にみると、65歳以上の高齢者が約9割です。

 

高齢者にとって肺炎はとても恐ろしい病気であり、
今後は高齢者の人数も増加しますから、
さらに、増加すると予測されている病気でもあります。

 

誤嚥が肺炎の原因に

 

高齢者の肺炎の重要な原因として、
近年「誤嚥(ごえん)」がクローズアップされています。

 

誤嚥は、水分や食物などの外来性のもの、
口腔分泌物、胃液など内因性のものが
間違って気道に侵入することをいいます。

 

そして、誤嚥性肺炎は、誤嚥を契機として発症する肺炎です。

 

誤嚥性肺炎は、2種類あります。

 

@ 胃の内容物を急速、かつ大量に誤嚥するもの。

 

A 気づかないうちに少量の口腔分泌物などを
 繰り返し気道内に吸引する不顕性誤嚥(ふけんせいごえん)。

 

このうち、恐ろしいのは、Aの不顕性誤嚥です。

 

不顕性誤嚥は、「むせの無い誤嚥」とも呼ばれ、
病原性細菌を含む分泌物を持続的に吸引してしまうことになります。

 

ですから、気がつかないうちに病気が進行していることになり、
とても怖いものであると捉える事ができます。

 

*誤嚥及び誤嚥性肺炎の病態

 

@ 異物の気道閉塞
A 食物、胃内容物などの誤嚥、不顕性誤嚥による化学性肺炎
B 細菌を含む異物の誤嚥による細菌性肺炎

 

誤嚥は加齢が原因ではない

 

ほぼ健康な人であっても、時々誤嚥を起こします。

 

しかし、健康な人は、誤嚥を起こしても肺炎に至りません。

 

なぜなら、肺の中の免疫機能によって、
誤嚥をしても処理されてしまうこと、
咳反射によって排出されるという防御機構が働くからです。

 

以前は、防御機構が加齢に伴い低下するため、
誤嚥性肺炎が起きると考えられていました。

 

ですが、最近は、加齢が原因ではないことがわかっています。

 

そして、加齢そのものが原因になるのではなく、
ADL低下や意識障害、脳梗塞などのさまざまな基礎疾患、
多種薬剤服用等の条件が加わることによって
誤嚥性肺炎が起こると考えられています。

 

*誤嚥性肺炎のリスク要因

 

・脳血管障害
・薬物服用(鎮痛剤・睡眠薬など)
・痴呆
・中枢神経系の変性疾患
・痴呆
・気管切開状態
・人工呼吸器の使用
・食道通過障害(食道がんなど)
・免疫力の低下
・口腔ケア不十分
・かみ合わせ

嚥下障害と肺炎

誤嚥性肺炎は、嚥下障害ととても深い関係があります。

 

ですが、嚥下障害があるからといっても、
必ず肺炎になるわけではありません。

 

あくまでも、肺炎は、原因となる細菌と、
生体側の防御機構のバランスが崩れることによって発症します。

 

そして、抵抗力が弱くなると、より発症しやすくなります。

 

ですから、毎日の変化を観察することが大切です。

 

また、嚥下障害は、治療とリハビリテーションの対象になるものです。

 

つまり、専門家の手助けを必要とするものです。

 

現場のスタッフや、患者さんや要介護者自身、看護師や介護職だけで
解決しようとせず、
「おかしい」と気づくことが大切で、
気づいたら、専門家へ相談する手段を持つことがとても大切です。

介護職にできること

現場の介護職は、どのように誤嚥性肺炎に対応すると良いのでしょうか。

 

まず、誤嚥の予防や早期発見に努めることが大切です。

 

何よりも、食事の時間帯における観察がとても大切です。

 

歯科の診察や、内科・外科などの医療機関では、
食事の時間帯のトラブルを認識することができません。

 

食事の時間帯にその様子を見守ることができる介護職が、
その様子について観察し、
おかしいと思ったら専門家へつなぐことが必要です。

 

食事の時間帯の観察は、
@食前、A食事中、B食後の
3つの時間帯に分けて考えることが必要です。

 

@食前の観察ポイント

 

まずは、意識がしっかり覚醒しているかを確認します。

 

食事を運びながら、「今日は、お魚ですよ。」
などと元気に声をかけることによって、
しっかり目を覚まし、食欲をわかせることができます。

 

ウトウトしているというような傾眠状態では、
安全に食事をすることができません。

 

嚥下体操など、口腔周囲筋の運動をするのも効果的です。

 

音楽療法などを取り入れ、食事の前に歌を歌うなどして、
覚醒と筋運動の両方を同時に行う施設もあり、
とても効果的だといわれています。

 

A 食事中の観察ポイント

 

食事中は、食欲があるかどうか、元気があるかを観察することが重要です。

 

食事内容の調整の確認はとても大切です。

 

調理の工夫は適しているか(きざみ等の工夫、とろみの程度など)、
本人の食事中にしか得られない貴重な情報を収集しましょう。

 

場合によっては、適切な食器が選択されているか、
姿勢は適切かどうかを判断することが大切です。

 

たとえば、スプーンの柄を工夫したら、
ご自身でしっかり食べられるようになったということも多いです。

 

「むせ」が観察された場合は、その原因をチェックすることが必要です。

 

B 食後の観察ポイント

 

食後の姿勢はとても大切です。

 

すぐに横になると逆流性の誤嚥が起きることがあります。

 

食後しばらくは、座位を維持し、消化を待つことが必要です。

 

食後に元気が無くなったり、
声がかすれてしまうのは要注意です。

 

食後に発熱が観察された場合は、
いうまでもなく危険信号です。

 

健康状態は、食事の残量からも推定することができます。

 

異常がある、何かおかしいと気づいたら
早急に医師や看護師に連絡をとることが必要です。

誤嚥性肺炎の予防

・食事内容の調整

 

誤嚥性肺炎は、まず、誤嚥の予防をすることが第一です。

 

食事内容を調整することは、誤嚥の予防に、最も効果があります。

 

嚥下しやすく、安全な食事を提供することによって、
食事の楽しみ、そして、安全、健康を維持することができます。

 

嚥下摂食障害は、今後ますます重要となってくるでしょう。

 

・水分摂取

 

誤嚥性肺炎を予防するためには、水分摂取もとても重要です。

 

脱水は、摂食・嚥下機能の低下を招きますから
注意しなければなりません。

 

むせがあるため、水分を少なくという対応では
逆効果になります。

 

お茶ゼリーやとろみジュースなど、
工夫をすることによって、安全に水分補給をすることができます。

 

・胃食道逆流の防止

 

誤嚥性肺炎の予防には、胃食道逆流を防止することも大切です。

 

食後1時間くらいは座位を保ち、
横になるときは上体を拳上するなどの姿勢をとることによって、
胃食道逆流防止に効果があるといわれています。

 

食後は、横になりたいと訴える患者さんや要介護者も多いのですが、
状態によっては注意を必要とします。

 

・口腔ケア

 

口腔ケアも、誤嚥性肺炎の予防のために必要なことです。

 

近年は、在宅介護や施設においても
正しい知識と実践が普及してきましたが、
まだまだ不足している現状があります。

 

口腔内の汚染物質を不顕性に持続的に誤嚥することによって、
肺炎になってしまいます。

 

口の中をキレイにすること、
口の機能を衰えさせないように訓練していくこと等が
誤嚥性肺炎の予防につながります。